Translate

2016/07/30

B.B.Q.

こんにちは!

ブログを書くことに、まだまだ慣れないでいます・・・(+o+)


さて
この間、私達 ”MWC” のあるレインボー倉庫の懇親会がありました。

レインボー倉庫は、前に少し書いたように、磯子・池尻大橋にもあり、
下北沢を含め3つの倉庫のみんなが集まって、
下北沢の屋上でバーベキューをしました。

屋上が少し前にリニューアルされて、ウッドデッキになっていて
かなり良い空間になっています!
普段も、1階のTHE PLASTER'S CAFEで何かを買っていただければ、屋上や3・4階のフリースペースでくつろげる事ができます。
(イベント・貸切りの時はNGですが・・・)


そして、バーベキューは、予約をすれば、皆様に使っていただけるようになっています。
 
                                    


私達も、レインボー倉庫に移店してから、間もないのですが
かなり楽しむ事ができましたヽ(^o^)丿

                                                            






みんなでワイワイ、お肉もお酒もお料理も、すべて最高でした!


本当は、大自然の中でバーベキューをしたいですが、なかなか難しいものです。

下北沢駅から、徒歩1分、持ち込みタイプですが、駅とレインボー倉庫の間にスーパーもあり、本当に便利です^^
気軽にできるのも、かなり魅力的ですね^^

夏のイベントを一つ増やしてみてはいかがでしょうかヽ(^。^)ノ

2016/07/26

夏本番とともに、オススメのバックパック


こんにちは!


東京もそろそろ梅雨明けとなりそうですね。

梅雨明けしたら、夏は一瞬に過ぎ去るイメージなので、出来るだけ日に当たろうと思っています。。

海にも行きたいですね~



なんてったって、夏ですから!!!



もうそろそろ、夏休みなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

旅行や海、お出掛けには、普段とは違って手荷物が増えると思います。



そんな時のお供にオススメのバックパックのご紹介です!!


1990年代のアメリカ製  ''JANSPORT'' を中心に意外とタフで使いやすいバックパックです。

僕らの世代的にはただの「 リュック 」ですが、今となっても使いやすいのはこの辺のアイテムではないでしょうか。



【90's JANSPORT Backpack Navy】
¥5500+TAX


ジャンスポーツといえば、この形といっても過言ではない、定番中の定番。

街でもジャンスポのリュックはたくさん見かけますね。

さてさて、約15年ほど前にアメリカ工場で作られた、このリュック。


巷で販売されてる新品商品に比べて何が違うかと言いますと、一言でいえば【生地の質

感】ですかね(^^)

最近のはどうしてもペラペラな生地に感じてしまい、重たいものを入れると心配になります。

今では世界中で販売しているので、超大量生産でコストを下げてる分、クオリティーが…

時代がそれを求めているのでしょうが、ちょっと悲しい気持ちになりますね。

生地の素材感や縫製の強度は昔のジャンスポの方が断然勝ってると思います。

アメリカブランドならではなタフさが最高です!!


女性が背負っても大きすぎないサイズ感です。

レザーの質感は少しざらっとした質感で、使っていくうちにもっと馴染んできます。






【90's JANSPORT Backpack Green】
¥5200+TAX

先程のネイビーと同型で、こちらはグリーンです。

なんにでも合わせやすそうな、濃いめのグリーンにジャンスポのタグが映えます!

普段使いにも、1泊くらいの旅行にも、この辺が一番重宝するのではないでしょうか?


ボトムは、シボが入ったレザーでいい感じの色むら加減です。

個人的には、気にせず雑に使っても良い味出ると思います。











 【90's JANSPORT Backpack Black】
¥5800+TAX

外のポケットが2層に分かれており、先程のタイプより若干大きく見える印象があります。

ただ、ほぼ同じ大きさです。

手持ち部分、ポケットのレザーやワッペンがちょうどいい感じの雰囲気です♪



ガシッとした質感の生地に粗めのレザーが相性抜群です。






【90's JANSPORT Backpack Green】
¥6000+TAX

今回ご紹介の中では大きな形のバックパックです。

個人的にジャンスポの中で一番好きな形です!!

残念ながらストラップが欠損していますが、普段使いでしたら問題ないかと…

その分、お値段やさしめとなっています。



大容量かつ、外側にあるふたつのポケットは500mlのペットボトルが余裕で収まります。

僕自身もこちらの色違いを直しながらずっと愛用しています!






 【90's EASTPAK Backpack Navy】
¥5500+TAX

この型とは異なりますが、映画『BACK TO THE FUTURE』にも登場した''EASTPAK''


JANSPORT同様、タフな素材でシンプルなので長年愛用していただけるのではないでしょうか?


もちろん、アメリカ製です。



スエードレザーに、ライトですが目が詰まった生地感がバッチリです!!



 【00's L.L.Bean Backpack Navy】
¥3800+TAX

エルエルビーンの定番バックパックです!

ナイロン素材の軽い質感で、ポケット多めなのもうれしいですね。



夜道でもリフレクターが光るので安心ですね(^_^)

好きです リフレクター…






 【80's Eddie Bauer Backpack Green】
¥4500+TAX

こぶりなサイズが可愛らしい’’ヴィンテージ エディーバウアー’’
女性にもオススメのサイズ感です!



80年代の黒いタグで、生地の粗さがカッコイイです!!

ペラペラな生地ですが、破れにくそうでしっかりしています。

外側のポケットのファスナーは無く、取り出しやすく落ちにくくなっています。

形も珍しいのでぜひどうぞ~



以上、オススメのバックパックの紹介でした!

気になる方は、ぜひ店頭で素材感や背負い心地を確認してみてください。




通販も対応させて頂きます。

気になる方はこちらから。

MWC
080-3694-1004


2016/07/19

ALOHA from SHIMOKITA

 
こんにちは!

2回目のブログです!
まだ東京は梅雨明けはしていませんが、
先日は、’下北沢夜市’もあったり、すぐそこに真夏が待っていますね(^^)!

そこで、夏本場にむけてMWCオススメの商品をご紹介したいと思います。
タイトル通り『アロハシャツ』です!!


まずは、ハワイを代表する’’reyn spooner’’です!
現地では、正装やビジネスシャツとしても認められるほど、ポピュラーなアイテムです!




【70's reyn spooner Cotton Aloha Shirt】
¥4800+TAX

Model 178cm 63kg




素材や形は様々ありますが、レインスプーナーはコットン素材で裏地をあえて表に使用したデザインが特徴的です。




襟がボタンダウンのタイプも多いですがこちらはノーマルタイプです!
そして、プルオーバー仕様になっています。




タグは通称「ヌードタグ」と呼ばれている、1970年代のもので、80年代以降のタグは水着を着ているタグになります。
年代によって、ディティールが変化するのも楽しいですね!






【70's reyn spooner Cotton Aloha Shirt】
¥4800+TAX

Model 178cm 63kg

植物柄に細かいドットが加わった特徴のある生地で、派手ですが意外と着やすいデザインです。



こちらも裏地使いになっています。
裏地を使用することによって、絶妙な色味になりますね。



定番のボタンダウンでプルオーバーになっています!
アロハですが、ボタンダウンだとすっきりした印象になります。






こちらのタグも70年代のヌードタグ








【80's Kahala Cotton Aloha Shirt】
¥4800+TAX

Model 164cm

お次は、’’Kahala’’のアロハです!
ハワイではreyn spoonerと人気を二分するブランドです。
ワイキキでアロハシャツを製造した最初の会社の一つで、ハワイで50年以上の歴史を持つ老舗。



こちらは、女性や小柄な男性でも着用頂けるサイズ感です!






作りは、上で紹介したレインスプーナーと似ていて、
和風なデザインと、色が良い感じです!

ボタンダウンにプルオーバーなので、色んなスタイルに合わせやすいと思います。


















【60's South Pacific Rayon Aloha Shirt】
9800+TAX

Model 164cm 

こちらは当店では比較的珍しいヴィンテージのアイテムです。
レーヨンならではの、てろっと感が最高で色味も渋いです!




JAPANと表記がありますが、日本で生地を作り縫製も行った商品です。
同じ年代のシアーズ社のアロハシャツなどもそうですが、この当時はアメリカブランドのアイテムが日本で製造され、アメリカなどで販売されていました。

50年以上前のアイテムが時を経て、逆輸入。







【90's GO BAREFOOT Aloha Shirt】
MADE IN U.S.A.
¥4200+TAX

Model 178cm 63kg

’’GO BAREFOOT’’
創業50年を超える老舗ブランドです!
ハワイというよりも、カリフォルニアや西海岸で有名なブランド。

渋い色味にアメ車のデザインで、可愛さもありますが大人の方にも着ていただけるデザインになっています。

                               


胸ポケットの柄合わせもバッチリで、ウッドボタンも雰囲気良いですね!!



コットン多めですが、レーヨン特有のテロッとした素材感が強く、肌触りが気持ち良いです!





【~70's Rayon Aloha Shirt】
MADE IN HAWAII
¥4200+TAX

Model 178cm 63kg

アロハではわりと定番のがらですね!
鮮やかなブルーが夏っぽさをさらに引き立たせます!
街も良いですが、せっかくなら海に着ていきたいですね。





猫目ボタンで、イケてます!!   ニャー!!!







アロハが好きな方も、これから見つけようと思っている方も、ぜひ実際に見に来て頂き、素材感やサイジングを確認してみてください!!








そして、’’レインボー倉庫’’についても、少し紹介したいと思います♪
今回は1階のカフェです!











                                        
レインボー倉庫は、磯子・池尻・下北沢の3カ所にあります。
まだ、他のレインボー倉庫には遊びに行けていないのですが、それぞれ個性があり楽しめる場所となっています。


下北沢には1.2階に、カフェ・店舗・アトリエなどがあり、カフェは夜になるとBARタイムになり、お酒を買うこと
ができますよ♪
もちろん昼間もお酒は買えますが、BARタイムは照明も暗くなり、雰囲気もとても良いのです!
私達も仕事が終わってから、たまに飲んで疲れをとっています(^^)



夜になるとレインボー倉庫前はビル風がちょうど吹いているので、涼しいので
外のベンチに座って飲んだり、立ち飲み、もちろん室内の涼しい場所で座っても飲めます!

ぜひ、レインボー倉庫に遊びに来てください
ヽ(^o^)丿


2016/07/16

はじめまして!



こんにちは!

今までインスタグラムを中心にお知らせしていましたが、
重い腰をあげてブログをスタートします(^o^)丿

インスタグラムでは紹介しきれていなかった、商品詳細やたわいもない話を中心に書いていきますので、ご覧頂けるとありがたいです!


さてさて、第一回目のブログでは、リニューアルオープンをした【 MWC 】のご紹介です。

一店舗目の茶沢通り沿いの店舗から、下北沢駅南口より徒歩1分
 ”レインボー倉庫3”内の1階に引っ越しが完了しました!


以前の店舗と比べると、かなりこじんまりした店舗となりましたが、お客様との距離は必然的に縮められるかなと…勝手に思っています。

二人共に、根っからの人見知りが発動することもあると思いますが、ふらっと来ていただいた方ともお話ししたいです!

改めまして、よろしくお願いします。



新店舗の詳細

『MWC -OLD&NEW CLOTHING SHIMOKITAZAWA- 』

【営業日】月火木金土日 /水曜定休
【営業時間】13:00-21:00(月〜金) / 12:00~20:00(土日祝)

【アクセス】東京都世田谷区北沢2-19-5
レインボー倉庫3(下北沢)1F 005
【お問い合わせ】 080-3694-1004
                      info@mwctokyo.com

【URL】 mwctokyo.com


道順

下北沢駅 南口改札



南口商店街のアーケードをくぐり進みます




少し進むと左に磯丸水産さん
右に靴屋さんが見えます


の角を右に曲がります






右に曲がると左に茶色いビルがあります


こちらのビルがレインボー倉庫になります




 階段横の左通路を進みます




 通路を進むとお店の看板が見えてきます




 到着です!!!