Translate

2016/08/29

肌寒い日にバッチリなヴィンテージ コーチジャケット!!!

こんにちは!

まだまだ、蒸し暑さが続いてますが、肌寒い日もだんだんと増えてきましたね。


個人的には、大好きな夏が終わっていくのが名残惜しいですが、秋冬になると着れる服も

色々と増えるわけで、楽しみでもあります!

そんな秋にオススメの薄手のVintage Coach Jacketをご紹介します。

今回は、1960年代から1970年代に的を絞りました。

40年以上前のジャケットですが、今でもすたれてない型のジャケットなので、新品のアイ

テムと合わせてもバッチリはまるのではないでしょうか?

着用画像を中心にお伝えしますので、サイズ感もご参考にどうぞ!



ではではまずはこちらから


【60's Don Alleson Nylon Coach Jacket】
SIZE : M
¥5,500+TAX


アメリカ製のMサイズですが、1960年代頃のアイテムなので、日本サイズのM程度です。
昔のアイテムはアメリカ製でも、80年代くらいまでは、今のサイジングほど大きくありません。
90年代になると、一気にサイズ感が大きくなりますね。
178cm 64kgの僕が着ると、中に半袖Tシャツを着てピッタリジャストサイズです。
着れなくは無いサイズですが、体を動かすと肩周りが若干きつく、袖丈が短めなので、
ピッタリ着たい方や僕より小柄な方に丁度良いと思います!



なんと言っても、ロゴがめちゃくちゃカッコイイです!
胸に入る縦ロゴと背中に入る大きめのロゴは他には無い、古着らしさ満載です。
ちなみに「SHERIFF」とは保安官のことで制服だったようですね。



タグのプリントもまだピンピンで、アメリカはニューヨークのブランドであることがわかりますね。
N.Y. ROCHESTERは、このあと紹介するChampionと同じ所在地になります。
色もネイビーで合わせやすく、好きな方がいらっしゃるんではないでしょうか?
サイズがもう一回り大きければ、僕自身が欲しいくらいなので特にオススメです!!



【60's Champion Nylon Coach Jacket】
SIZE : L
¥5,500+TAX


今ではなかなか見かけない60年代の初期チャンピオンのコーチジャケットです!
イエローのボディにグリーンが映えます!
HF!!藤原ヒロシさん、いかがでしょうか?笑
おそらく、ローカルのスポーツチーム物じゃないでしょうか?
サイズはLです。僕が着て少しゆるめのサイジングなので、個人的にはこれくらいのサイズが好きです。
今回紹介するジャケットは全て裏地が付かない、1枚ものとなります。
秋にも春にも大活躍してくれると思います!




こちらのタグが通称”ランナーズタグ” ”ランタグ”と呼ばれていて、Cの中にランナーが描かれていることから、そう呼ばれています。
この頃は、まだChampionのCのロゴマークがありませんでした。

このタグのChampionを見つけたらぜひチェックしてみて下さい。



【60's Champion Nylon Coach Jacket】
SIZE : M
¥5,500+TAX


先程のイエローはLサイズで、こちらはMサイズですが、ほぼサイズ感は変わらないような気がします。
こちらも消えやすいサイズ表記のプリントがはっきり残っていて、ヴィンテージにしてはかなり良い状態です。
胸に入る小振りなロゴがなんとも言えず、いい感じです!







【60's Champion Nylon Coach Jacket】

SIZE : 表記読み取れず
¥5,500+TAX


サイズ感はイエローとレッドとさほど変わりませんが気持ち小さい気もします。
前にはプリントは無く、一見無地に見えますが…




背中にはドドーンとウィングフットのバックプリントが入ります!!
ポロ ラルフローレンなんかの、Pウィングはこういったウィングフットのサンプリングなはずです!



サイズ表記のタグにダメージありますが、残っていること自体が奇跡なので、これはこれで問題ないでしょう!

ワッペンなどを付けて遊んでも、面白いと思います!



【70's RUSSELL ATHLETIC Nylon Coach Jacket】



SIZE : YOUTH L
¥4,500+TAX



こちらは、1970年代のラッセルアスレティックスのジャケットです。
サイズはユースのLなので、小柄な男性・女性におすすめなサイズ感です!


 
両胸はワッペンで、背中は刺繍になります!
大振りな刺繍ってところが、いい味出ています!!




タグはラッセルの70年代を象徴する金色のタグです!
年代によるタグの 変化も追っていくと面白い古着の要素だと思います。



さて、最後に秋に入り活躍するニットキャップもご紹介します。

ユーズドのニットキャップに当店がセレクトしたワッペンを縫い付けてみました!

ワッペン自体は1970年代のアメリカ製の物で、今には無い独特の雰囲気で可愛らしいものばかりです。

秋冬のコーディネートのポイントになるので、取り入れてみてください!
ちなみに、ワッペンのみの販売もしていて、他にも色々な種類がありますので、ぜひお店に見に来てください。

【Beanie on vintage patch】
each ¥2000+TAX


0 件のコメント:

コメントを投稿